トップページへもどる

第13回いすみ市音楽祭

いすみ市といすみ市教育委員会が主催する、

第13回いすみ市音楽祭「伝えたい日本の歌コンサート2019」が開催されます。

 

なつかしい童謡や唱歌、叙情歌など皆さんと一緒に歌う音楽祭です。

子どもから大人まで、ファミリーで楽しめるイベントです。

 

 

日時:2019年8月4日(日)午後2時30分開演(開場:午後2時)

会場:いすみ市岬ふれあい会館文化センター

入場料(税込):一般1,500円/18歳以下100円

 ※当日指定席券引換制(会場にて午前11時より)

 

【出演者】

眞理ヨシコ、たいらいさお、川口京子、西山琴恵、雨宮知子、はせがわふさこ、みさき童謡の会、いすみジュニアコーラス

 

【予定曲目】

浜千鳥、紅葉、ゴンドラの唄、船頭小唄、東京節、月の沙漠、夏の思い出、こもりうた、故郷、他

 

問合せ・申込み:岬ふれあい会館(電話0470-87-8785)  

 

 

千葉県いすみ環境と文化のさとセンター行事案内

ゴッホのルーツはいすみ市にあり!?

西洋画家の巨匠ゴッホがその画法など葛飾北斎の浮世絵に影響されていたというのは有名な話ですね。
そのゴッホは浮世絵版画の収集家としても有名で、500点近く所蔵していたそうです。
そのコレクションの熱心さは、彼の《タンギー爺(じい)さん》という作品に顕著に見て取れます。

そして、その葛飾北斎の代表ともいえる冨嶽三十六景のひとつ「神奈川沖浪裏」が実はいすみ市のある人に関係しているのです。
その人の名前は武志伊八郎信由(たけしいはちろうのぶよし)。
通称「波の伊八」と呼ばれています。
存命していた当時、他の彫刻師たちの間では「関東に行ったら波の彫刻を彫るな」といわれていたそうです。
その訳は「関東には伊八という、波を彫らせたら天下一という彫刻師がいるので、絶対にかなわないから」というもの。
出身は現在の鴨川市ですが、彼の作品のほとんどはいすみ市のお寺にあります。

北斎がいすみ市に来て実際に伊八の彫刻を見たという記録はないそうですが、伊八の波に宝珠(画像右)と葛飾北斎の神奈川沖浪裏(画像左)は波をとらえる視点等あまりにも似ていて、伊八の彫刻からインスピレーションを得たことは想像に難くありません。
※画像は行元寺の案内所です。

伊八の彫刻は飯綱寺(当ホテルより車で10分)、行元寺(同30分)で見ることができます。